Reason » Rack extensions » Synchronous

Synchronous

動きのあるパッドサウンド、ウォブルベース、サンプルのグリッチ…。複雑なモジュレーション波形をSynchronousのドローイングツールで作成し、内蔵エフェクトのパラメータにアサイン。動きのある、活き活きとしたサウンドがここに。サウンドに、楽曲に、これまでになかったモーションをプラスするモジュレーションパワーハウス、それが新Rack Extension、Synchronous。

Synchronousはストレートなトレモロやダッキングエフェクトとしても、複数のモジュレーションカーブを同時使用した複雑なエフェクトまで、自在にクリエイトできます。

ショップでチェックする

Synchronous デモサウンド

Rack Extension Features:

モジュレーション波形はこのインタラクティブディスプレイでドローイングします。3系統のモジュレーションカーブを自在にエフェクトパラメータにアサインできます。

モジュレーションカーブの作成には波形ツールが便利です。波形、レゾリューションを選べば、ドローイングを開始できます。1つのカーブ内で異なる波形やレゾリューションを混在させることも可能です。

インスピレーション溢れる100種類以上のパッチを内蔵。

作成したカーブを各エフェクトのパラメータにアサインし、モジュレーション量を設定します。1つのパラメータに複数のカーブをアサインすることもできます。

  • ディストーションにはリングモジュレーションやビットクラッシュなど4タイプを内蔵。
  • フィルターはローパス、バンドパス、ハイパス、コムのマルチモード。さらにモジュレーションによる変化をなめらかにできる[Lag]コントロールを内蔵。
  • ディレイはフィードバックのロールやピンポンディレイにも対応し、リズミックなディレイからスタッターまで幅広いディレイエフェクトを作り出せます。
  • リバーブではアマウント(リバーブ量)とディケイ(リバーブの長さ)をコントロール可能。また、センド量、リターン量のモジュレーションを切り替えることができます。
  • モジュレーション波形を[Level]にアサインすれば、超シンプルなダッキングやパンピング、ビートごとにレベルが変化するサイドチェインダッキングなども作り出せます。

すぐに使える 100種類以上のパッチ

サウンドデザイナーのNucleus Soundlabの協力により、100種類以上のパッチをアンビエンス、パンピング、スタッター、スウィープなど、カテゴリー別に内蔵しました。 また、Synchronousとインストゥルメント等を組み合わせたコンビネーター用パッチも内蔵しています。

Reason独自のCV機能も装備

内蔵エフェクトのモジュレーションはもちろんのこと、CV機能を使用してSynchronousの強力なモジュレーション機能を他のReasonラックデバイスのコントロールにも使用できます。 例えば、カーブの1つをオーディオトラックにかけているScream 4ディストーションのコントロールに、その他の2つをParsecのモジュレーションエンジンのコントロールに、といったように複数のデバイスもコントロール可能です。



Synchronous Operationマニュアル
English

Synchronous MIDIコントローラーチャート
English

ショップでチェックする