Reason » Instruments » Subtractorポリフォニックシンセサイザー

Subtractorポリフォニックシンセサイザー
Subtractorは、往年のアナログシンセサイザーのような減算合成方式を採用した、アナログタイプのポリフォニックシンセサイザーです。

概要

80年代初期の主なるアナログシンセサイザーのレイアウトを受け継いだSubtractorは、温かなパッドから重低音ベースまで、簡単に作ることができます。2基のオシレーターは、矩形波、ノコギリ波、三角波、サイン波などの基本的な波形はもちろん、サンプルに基づいたいくつもの波形を生成できます。

すべてのコントロールがパネル上に備わっているレイアウトは直感的な操作を可能にしますが、決して機能が限られることはありません。2基のフィルター、3基のエンベロープジェネレーター、2基のLFOを備えたSubtractorは、どんなサウンドでも実現できます。

Subtractorのパラメーターはすべて完全にオートメーション可能です。つまりSubtractorのパラメーター変更を簡単にレコーディングして編集できます。

フェイズオフセットモジュレーション

Subtractorのユニークな機能のひとつに、オシレーターのフェイズオフセットがあります。この機能ではフェイズをずらした波形のコピーを元の波形に減算または乗算することで、より複雑な波形を作ることができます。

各オシレーターに個別のフェイズオフセット設定があり、減算、乗算、もしくはフェイズオフセットモジュレーションをオフにすることができます。オンの場合、オシレーターは同じ波形を2つ生成し、片方の波形のフェイズを”Phase”ノブの設定に応じてずらします。この2つの波形を減算または乗算して最終的な波形を作ります。

減算合成方式の基本 8:20

フィルターとエンベロープ 10:02

LFO(低周波オシレーター)とモジュレーション 10:04