Reason » Instruments » Redrum

Redrum
RedrumはReasonラックのドラムマシンで、それぞれひとつのAiff/Wavファイルを再生できる10のチャンネルが備わっています。またドラムキット全体をRedrumパッチとして保存できます。

Redrumはパターンシーケンサーを内蔵したドラムマシンです。このデバイスに備わっている10個のドラムチャンネルに、ユーザーのサンプルやプリセットのドラムキットでサウンドを読み込めます。Redrumは、パターンシーケンサーのほか、ReasonのメインシーケンサーやMIDIでも演奏できます。パターンシーケンサーとメインシーケンサーを併用することで、いちいち新しいパターンを作らなくても、フィルやバリエーションを簡単に追加できます。

チャンネル

これはRedrumのチャンネル1です。各チャンネルの内容は少しずつ異なります(下記参照)。最上部には3つの再生コントロールボタンがあります。ミュートボタンはチャンネルをミュートし、ソロボタンは他のチャンネルをすべてミュートします。再生ボタンを押すと、読み込まれているサンプルを試聴できます。

その下には、読み込まれているサンプルを表示するディスプレイと、サンプルをブラウズし読み込むためのボタンがあります。

各チャンネルには、デバイスの2つのエフェクトセンド出力にルーティングされているエフェクトセンドノブがあります。この機能で、ミキサーチャンネルを使うことなく、特定のドラムサウンドにエフェクトを加えることができます。

パンコントロールは、もちろん音の定位を設定します。

レベルコントロールはサンプルの音量、ベロシティーコントロールはサンプル音量に対するベロシティーの反映量をそれぞれ設定します。

ディケイコントロールはディケイ時間を設定します。さらにフェードアウトまたはゲートタイプのディケイを選択できます。

ピッチコントロールはサンプルの音程を設定します。

図のチャンネルにはサンプルのトーンにベロシティーを反映させるコントロールがあります。これにより、ベロシティーの値に従ってサウンドにフィルターをかけることができます。このオプションはチャンネル1、2、と10に備わっています。

チャンネル3、4、5、8、と9には、フィルターではなく、サンプルのスタート位置にベロシティーを反映させるコントロールがあります。

チャンネル6と7にはピッチとピッチベンドにベロシティーを反映させるコントロールがあります。これはコンガやタブラのようなサウンドに有効な機能です。

プログラミング

Redrumのプログラミングは、ReBirthのドラムマシンと同じようなステッププログラミングを採用しています。まずはチャンネルを選択してから、トリガーしたいステップを入力していきます。各ステップで3つのレベルのベロシティー(ハード、ミディアム、ソフト)から選べます。また「フラム」オプションでフラムヒットを入力できます。

Redrumでは長さが1から64ステップのパターンを使います。パターンシーケンサーはメインシーケンサーのテンポより速く、または遅く動作するように設定できます。詳しくは、ソングテンポより最大で16倍または1/16の速さで動作できます。つまりパターンの解像度を変えることができます。パターンを32ステップに設定し、パターンシーケンサーをダブルテンポで走らせた場合、32分音符から構成されたパターンが得られます。これは高速スネアロールなどが好きなユーザーには朗報です。

エフェクト

Redrumの各チャンネルには、それぞれ2つのエフェクトセンドコントロールが備わっています。これはミキサーのチャンネルを使うことなく、ドラムにエフェクトを加える便利な方法です(もちろんReasonではミキサーチャンネルが足りなくなることはありませんが…)。

エフェクトセンドの使用法は主に2つあります。デフォルトは、RedrumのエフェクトセンドをReasonミキサーに接続する方法です。エフェクトセンドを図のようにチェーン接続することで、ミキサーのエフェクトセンドにより多くの音源を送ることができます。図ではRedrumのエフェクトセンドがミキサーにチェーン接続されています。

エフェクトセンドのもうひとつの使用法では、Redrum専用のエフェクトを使用します。

場合によってはドラムにインサートエフェクト(例えばスネアにディストーション、ハイハットにフランジャーなど)をかけたいときがあるでしょう。各チャンネルの個別出力を使えば、どのチャンネルにもエフェクトを加えることができます。右の図には、チャンネルの個別出力が写っています。またゲート入出力も備わっており、Redrumで他のデバイスをトリガーしたり、他のRedrumをトリガーすることができます。さらに各チャンネルにはピッチCV入力も備わっています。

Drum Machine 101 with Redrum 3:50

RedrumでKongをトリガー 5:52

Redrumチュートリアル