Reason » Instruments » Nn-19サンプラー

NN-19サンプラー
NN-19は素早く簡単に使えるサンプラーで、多くのパラメーターをオートメーションでコントロールするクリエイティブなサンプリング・ワークに最適です。より詳細なサンプリング・インストゥルメントを作成する場合は、NN-19の上位機種であるNN-XTが適しています。

サンプルの取り扱い方法の分かりやすさで、NN-19はサンプルを多くのモジュレーションやオートメーションでコントロールできるサンプラーが欲しい場合に最適です。NN-XTとは異なり、NN-19のコントロール類はすべてオートメーションでコントロールでき、サウンド・マングリング・マシーンとしても使用できます。

パッチ&サンプル

NN-19でサウンドを得る方法は2種類あります:1つはwavまたはaiffファイルをロードする方法、もう1つはサンプラー・パッチをロードする方法です。

NN-19でサウンドを得る方法は複数あります:wavまたはaiffファイルをロードする方法、サンプラー・パッチをロードする方法、あるいはReasonのライブ・サンプリング機能でNN-19に直接サンプリングする方法です。

またReasonサウンド・ライブラリーにはNN-19で使用可能なパッチを内蔵しています。例えばストリングスやオルガン、効果音やシンセ・サウンドなど、その量は膨大です。

簡単にサンプリング可能

NN-19のサンプル・ボタンをクリックすれば、好きな音を簡単にサンプリングできます。1つのサンプルをトランスポーズさせてキーボードの全域をカバーするような音色でも、使える音色になることはよくあります。また、サンプルをループさせる場合、ループ区間で正逆再生を繰り返す「フォワード・バックワード」ループ・モードを使用するとループの継ぎ目をキレイにしやすくなります。このようにReasonは、無限に音作りができる機能を内蔵しているのです。

マトリクス、モジュレーションでマッシブな音作り

音作りマニアのベストフレンドとして、もちろんNN-19には最高のフィルター・セクションやLFO、エンベロープを内蔵しています。ですので、たとえシンプルなサンプルからでもディープな音作りができ、最初のサンプルを用意する段階をクリアしてしまえば、あとはシンセと同様の幅広い音作りができます。

でもそれだけではありません。NN-19をフリップしてバックパネルを表示させれば、豊富な接続端子が姿を表します。例えば、NN-19のLFOでフィルター・レゾナンスをコントロールしたり、Dr. RexからのビートでNN-19のフィルターをコントロールしたりすることも可能です。

モジュレーション・インプットにはオシレーター、フィルター、フィルター/レゾナンス、レベル、モジュレーション・ホイール(さらに詳細なオプションも)があります。モジュレーション・アウトからはフィルター・エンベロープまたはLFOからの信号を出力でき、ゲート・インプットを使用してアンプやフィルターのエンベロープをコントロールすることもできます。

Stromae - artist interview 4:29

Live sampling 2:04

Live sampling Blog post