Reason » Instruments » External midi instrument

External MIDI Instrument
Reason 7ではMIDIアウトデバイスをラックにマウントできるようになり、お使いのハードウェアシンセやドラムマシンなどをReasonラックのように使用することができます。External MIDI Instrumentは、Reasonの環境に完全対応していますので、外部ハードウェアをまるでReasonラックを使用しているかのように操ることが可能です。

External MIDI Instrumentのディスプレイの隣にあるドロップダウンリストから、接続する外部MIDIハードウェアを選択できます。このリストには、Reasonで認識できるすべてのMIDIポート、例えばUSB接続しているハードウェアのMIDIインターフェイスや、同一コンピュータ内で起動しているソフトウェア用のバーチャルMIDIポートなども選択できます。

External MIDI Instrumentを使用することにより、お使いのMIDIハードウェアをマスターキーボードで演奏したり、Reasonシーケンサーへレコーディングしたり、ReasonのMatrixパターンデバイスやその他のReasonラックに入っているシーケンサーでコントロールすることもできます。

Reasonのシーケンサーからのオートメーションや、ReasonラックからのCVで外部MIDIハードウェアをコントロールすることももちろん可能です。また、External MIDI Instrumentでは、MIDIプログラムチェンジの送出やオートメーションも行え、外部MIDIハードウェアからのMIDIコントロールチェンジによるオートメーションやピッチベンドやモジュレーションホイール、キーベロシティ、アフタータッチのコントロールも行えます。パネル中央にあるノブで、外部MIDIハードウェアをコントロールするMIDIコントロールデータのアサインが行えます。

Using MIDI Hardware with Reason 4:01